たまりば

  本・文芸 本・文芸  あきる野市 あきる野市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

迷子のわたし。

どこで迷子になったかわからない。

そんな毎日が何年続いたかわからない。

あっちこっちとさまよううちに自分が今どこにいて、何者であるかもわからない。

わかっているのは、それまで積み上げてきた何かが壊れて、破片が散らばっているという現実だけだ。

さんざん考えた挙句、その破片をひろいあつめに行くことにした。


しかし、それが間違いの始まりでもあった。

いろんな大きさのガラスの破片を拾って歩く。
小さいものもあれば、びっくりするぐらい大きいものもある。
徐々にパズルのように破片をつなげていくと、衝撃で涙を流し、またそれを壊してしまう。

「なにしてんだろう?また最初からじゃないか?」

しばらく泣いてから自分にそう言い聞かせて、また破片を集めに歩き出す。

・・・その繰り返しが何年も続いているうちにとうとう探すのをやめてしまった。

「もういいじゃん。ここにずっといれば・・・このままでも生きていけるよ」

その立ち止まった場所が、「自己チュー」という山のてっぺんだった。

ここまで集めてきた破片を山のてっぺんからすべて投げ捨てた。


「もう、何もいらない」


そう言って、私は座り込んだ。


静かな山のてっぺん。他人の声もモノの音すらしない。
天気はいつでも雨。

「すべて雨の中に消えちゃえばいいんだ。傘なんかいらないよ」

下の世界がどんな天気なのかどんな季節なのかなんて知ったこっちゃない。

晴れることのない自己チュー山のてっぺんに私はただ座って、一寸先も見えない景色を毎日眺めていた。

投げ捨てた破片を再び取り戻そうと歩き始めることなんてまだ考えてもいない。
いや、考えることすらなかった。

そう。あいつが私の目の前にあらわれるまでは・・・。
  


  • Posted by nyatarodreamsmallworks at 20:22Comments(0)まえがき

    1個しか書いてないのに・・・。

    なんか、まだ、最初しか書いていないのにのぞきにきた方が31あったのにびっくりいたしました。

    ありがとうございます。

    10月1日、今日から本格的に書き始めます。

    自分でもどこで終わるのかわからないので、ぶっちゃけどういう展開になるのかもわかりません。

    ただ、これを読んで下さった方がどっかで「救われたらいいな」と思いながら、

    書いていきたいと思います。

    このあと、書き始めますのでどうぞよろしく。  


  • Posted by nyatarodreamsmallworks at 19:00Comments(0)余談。

    自己チュー山ってなんだ?

    日本で一番高い山は「富士山」

    世界で一番高い山は「キリマンジャロ」、「エベレスト」

    日本人・・・いや世界中の人が知っていることである。

    でも、人間っていうのは不思議な生き物で「現実の自分」と「理想(夢や心)の自分」とふたりの人間を兼ね備えている。

    そう、富士山やエベレストが日本や世界で一番高い山と認識しているのは、
    前者であり、後者にはない。

    世界に存在するさまざまな出来事が現実であれば、ここで出てくるものは理想(夢や心)の世界である。

    それが理想の世界には、一番高い山はひとつしか存在しない。


    ・・・それが、「自己チュー山」。



    自己チュー山の標高は人によって異なる。

    低い山である人もいれば、現実の世界に存在する富士山やエベレストなんかよりもはるかに高い人もいる。

    ・・・私は、後者だ。

    私はこの自己チュー山のてっぺんに15年ぐらい居座り続けた。
    てっぺんにいれば、いつか自分ひとりで違う世界が作れるとそう願いながら、
    たったひとりで居座り続けた。

    その間に一緒にすごしてくれた人間もいた。
    だが、徐々に仲間は減り、あるときたったひとりになった。

    でも、私はたったひとりで居座った。
    開き直ってずっと。

    自己チュー山に奉られている神様もいなければ、山を登ったり下ったりするためのインストラクターもいない。
    なぜなら、神になれるかなれないかは登った本人しかわからないからだ。


    登るか登らないかはその人自身が決めることであり、どんな苦難があろうとも登りたい人は登ればいいのだ。

    問題は、ある程度登ったときにそこで何かに気づいて、あわてて下山するか、
    その問題を見て見ぬふりをして、ひたすら登り続けるかである。

    または、てっぺんまで行って世界を見渡し、その世界の神として生きるか、
    失敗して、身を投げるかのように転げ落ちるか?

    ・・・その2者択一しかない。

    きっとこの世界には、神になった人間も存在するのだろう。

    神になりつづけている人、神にならずにあきらめた人、自己チュー山にはたくさんいるのだ。

    少なくても私は、神にはなれていない。

    なぜなら、この山で神になるのは間違っていると私に論した人間が存在したからだ。

    その人間は、現在も私とともに一緒にこの自己チュー山を下山し続けている。

    でも、私たちはまだ、この山を下山できていない。

    下山の過程であり、本当に下山しきれるかもわからない。

    もしかしたら、この人間も私を再びてっぺんへと引き戻すかもしれないし、
    下山の過程で、この人間自身があきらめて転げ落ちるかもしれない。

    その結末を知っているのは、私たちふたりだけ。

    そして、この自己チュー山で見渡せる世界も下山する過程もその結末もすべて人それぞれなのである。

    つまり人生それぞれという言葉があるように、自己チュー山での生活も下山の過程も結末も人それぞれ違うのである。

    私は、下山途中であるが、登ってみようといくらでも私とすれ違っている人間はたくさん存在するはずである。
    または、私が登っている間に下山しようとすれ違った人間もたくさん存在するだろう。


    もう一度言う。

    「自己チュー山」は、理想の世界にしか存在しない。

    今、登っている最中であるか、下山している最中であるかその答えを知っているのは、私ではなく、
    これを読んだあなた自身である。  


  • Posted by nyatarodreamsmallworks at 20:00Comments(0)まえがき